写真家 宮崎学 gaku塾

投稿者アーカイブ:宮崎学

ノウサギを撮影したい…

20210507 これから一年かけて、「ノウサギ」の写真をきっちり決めたいと思っている。 再来年が“兎年”なので、一枚モノのカレンダーに使いたいからだ。 そのために、しっかり「絵コンテ」を描いている。 ノウサギを撮影した […]

  カテゴリー:哺乳類・野生動物  タグ:

『ハタネズミを撮影する』

20210505 畑にタンポポが咲きはじめると、「ハタネズミ」の動きが活発となる。 ハタネズミは小さなノネズミ。 鼻先が短くてずんぐりむっくりしているから、親しみがもてて好きなネズミだ。 ところが、これの撮影となるとなか […]

  カテゴリー:哺乳類・野生動物  タグ:

『偶然の発見を大切にしたい…』

20210503 テンとイタチの区別もつかない知人がいる。 でも、山歩きなどフィールド探索が好きなので、どんな情報でも入れてくれるからありがたい。 その知人が、自宅近くで早朝に「アライグマ」らしき動物が道路を横切ったと電 […]

  カテゴリー:調査  タグ:

はたらき者の「げん」

20210502 一昨日(2021/04/30)の夕方、「げん」と散歩に出かけたら動物の骨を拾って見せにきた。 すでに白骨になっている骨だが、頭蓋骨も付いている。 大きさからしてタヌキだと思ったが、どうやら少し違うみたい […]

  カテゴリー:哺乳類・野生動物  タグ:

『無人撮影カメラ工作執念の一品』

20210430   野生動物を何としても撮影したい。 それには、人がいたのではなかなか撮れない。 人から「殺気」というオーラが出てしまい、それを野生動物たちも敏感に察知するからカメラの前に出てくることもしない […]

  カテゴリー:カメラ機材  タグ:

『三脚なんてカメラが固定できればそれでヨシ…』

20210429 イマから、50年も前のことだった。 写真家をめざしていたオイラは、いろんな「人」と出会ってその人となりを経験していた。そして、自分自身のポジションをどこに置けばよいのかを若いなりに考えていた。 その意味 […]

  カテゴリー:gakuブログ  タグ:

アケビの雌花は妖艶な魅力…

20210427  このアケビの花だけれど。 イマのこの季節にしか撮影チャンスはない。 この写真は、キャノンEOS 6に レンズはSIGMA35mm 1.4DG。 このレンズは、最高に好きなレンズ。 レンズをマニュアル最 […]

  カテゴリー:カメラ機材  タグ:

ツキノワグマの活動サインに気づけよ

20210426 山菜採りのシーズンだ。 こんなときには、山菜にしか目が行かないものだが、ちょっとした森の変化に気づきたいものだ。 この写真の現場は25年ほど前に土砂崩れがあって、砂防工事をした跡。 土留めに、丸太材で養 […]

  カテゴリー:調査  タグ:

『トレイルカメラの選び方・買い方・工夫改造と使い方』

20210426   『トレイルカメラの選び方・買い方・工夫改造と使い方』   トレイルカメラは千差万別玉石混交ピンキリで、どれを買ってよいか迷ってしまう。 でも、5000~10000円ほどで使い方に […]

  カテゴリー:カメラ機材  タグ:

人工物を平気で歩く野生動物…

20210424 今年は、畑を縮小してはじめる。 雑草が生えないように「防草シート」を張ったら、なんとその上に足跡が…。 新しく人工物を敷いたその夜に歩く野生動物がいるなんて、どれほどの度胸をしていることか? 動画カメラ […]

  カテゴリー:gakuブログ, 哺乳類・野生動物  タグ:

『キビタキの巣箱』

20210422 3年前に、「キビタキ」が巣箱に入らないかと思って設置した。 昨日、その巣箱を覗いてビックリ。 どうやら、昨年、営巣したようだった。 3年間も、まったくチェックしてこなかった自分を恥じた。 でも、これでキ […]

  カテゴリー:鳥類  タグ:

「スズメ」だって素敵なモデル

20210421   どこにでもいる「スズメ」をきちんと撮るのは難しい。 でも、どこにでもいるからしっかりスキルで撮ってみたい。 しかも、望遠レンズではなくておまけに付いてくるショートズームで撮影できたら楽しい […]

  カテゴリー:鳥類  タグ:

宮崎学 宮崎学と一緒に「イマドキの野生動物」を観察したり、自然を探偵してみよう!そんなことが好きな仲間が集まるオンラインサロンです。

Copyright©写真家・宮崎学と森の探偵団 「gaku塾」,2021 All Rights Reserved.