写真家 宮崎学 gaku塾

投稿者アーカイブ:宮崎学

今年はアケビの当たり年…

20211014  今秋は、「アケビ」が大豊作だった。 こんな年は珍しいくらいに、いたるところにアケビがたくさん見られた。 春の花の時期にはけっこうな雨が降っていた。 大雨つづきで、アケビは全滅するのではないかと思ってい […]

  カテゴリー:gakuブログ  タグ:

野生動物はどこにでもいる

20211007   再来年(2023)は、うさぎ年。 なので、ここで「ノウサギ」の写真を撮影するつもりでカメラの準備をはじめた。 うさぎ年のカレンダーに使う予定だから…。 ところが、テスト撮影を続けているうち […]

  カテゴリー:gakuブログ  タグ:

「トレイルカメラによる野生動物探索」

「トレイルカメラ」というものがある。 ほとんどが中国製だが、これがなかなかに便利である。 主に人間社会の防犯用に開発されたものだが、野生動物の観察にも極めて有効だからである。 オイラも無人撮影ロボットカメラで狙うための参 […]

  カテゴリー:カメラ機材  タグ:

「広域獣害フェンス」の盲点を突く野生動物

20210903  長野県では、すでに1000kmもの広域獣害フェンスが張り巡らされている。 これでイノシシやシカの野生動物が人里や農地に出没するのをある程度コントロールすることができる。 しかし、管理がタイヘン。 小さ […]

  カテゴリー:哺乳類・野生動物  タグ:

リスの蚤

20210829 「リス」が死んでいた。 ロードキル、だ。 まだ、体温が残っていたので事故直後にちがいない。 車のスピードとリスのスピードを考えると一瞬の出来事だったのだろう。 オスだろうかメスだろうかと、リスの体を調べ […]

  カテゴリー:gakuブログ  タグ:

『ハチミツに見向きもしないツキノワグマ』

20210813 ツキノワグマは、どっさり生息している。 こんなこと、オイラは10年以上も前からずっと言い続けてきたことである。 でもね、たくさんいることを体験的に証明できる人が少ないから、誰もそのことを理解できないし信 […]

  カテゴリー:調査  タグ:

疥癬ダニvsツキノワグマ

20210805 ツキノワグマは、ひょっとすると「疥癬ダニ」に弱いかも知れない。 そんなことを10年ほど前から思い始めている。 なので、疥癬タヌキが歩く「けもの道」を共用しているツキノワグマの今後を見守りたい。 これも、 […]

  カテゴリー:gakuブログ  タグ:

『楢山節考』の世界を行く

20210731 最近のオイラは、過疎地や廃村を訪ねる旅をしている。 かつてそこに人が暮らし何故に過疎になっていくのかを自然環境と共に、大きな時間軸で見届ける楽しさを見つけてしまったからだ。 この写真現場は、長野県と新潟 […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

『キノコを食べるニホンザル』

20210725 この現場で「ノウサギ」を撮影したいと思っている。 目的はノウサギなのにカメラを設置したら、16時間後にはこのサルたちが撮影された。 ノウサギも確実にこの「けもの道」を通るが、ツキノワグマやカモシカも来る […]

  カテゴリー:カメラ機材  タグ:

『マムシ』が気になる「げん」

20210717  「げん」と散歩に出かけるたびに、「げん」は写真の矢印の場所へ毎回必ず出かけるようになった。トカゲやバッタに興味があるから、オイラはそれだと思い無関心だった。 ところが、そこには「マムシ」がいたのだ。 […]

  カテゴリー:gakuブログ  タグ:

『ツキノワグマの個体把握にAIを導入しながら…』

20210714 「ツキノワグマ」が、各地域にいったいどのくらい生息しているのか? それを調べる方法はないものだろうか…? つらつら考えていたら、このようなところにアイデアが集約されてきた。 ① ツキノワグマが来るように […]

  カテゴリー:調査  タグ:

『加齢臭はクマにとって良き獲物…』

20210706 このような写真を見せられると、ツキノワグマの表情だけに目が行ってしまうものである。 でも、爪を見てもらいたい。 ツキノワグマの最大の武器は、「爪」である。 なので、地面を歩くときは爪を傷めないように必ず […]

  カテゴリー:ツキノワグマのニュース  タグ:

宮崎学 宮崎学と一緒に「イマドキの野生動物」を観察したり、自然を探偵してみよう!そんなことが好きな仲間が集まるオンラインサロンです。

Copyright©写真家・宮崎学と森の探偵団 「gaku塾」,2021 All Rights Reserved.