写真家 宮崎学 gaku塾

投稿者アーカイブ:モモンガ

ドバトの増えすぎをコントロールするフクロウ

とある国道の高架橋裏にある戸袋で、20羽ほどのドバトがねぐらをとっていた。 もう、かれこれ30年以上もドバトたちが棲みついている。 それなのに、ドバトの数は増えもせず減りもせずに同じ数をずっと維持しつづけてきた。 そんな […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

寒波の素晴らしき氷筍とキテン

20210214  今冬は、氷筍が多い年。 これも、10数年にいちどのチャンスなので撮影勝負は一瞬で決めなければならない。 チャンスは畳み掛けなければならないが、昨夜のような地震(2021.02.13)がくるとこの氷筍も […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

ノウサギが減ってまた増えてきた

20210113   1960年代には、長野県南部ではノウサギが猛烈に多かった。 それが、1980年代前半には急激に減少して、1990~2010年くらいにはほぼゼロ状態が続いた。 そして、イマ再びノウサギが増加傾向に転じ […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

放し飼いの健康ニワトリ

20201212 「鳥インフルエンザ」が、日本列島をじわり北上蔓延してきている。 効率を求めて数万羽というニワトリを密集飼育することで、イマの鶏卵価格が維持されている。 そのようなニワトリが一夜にして殺処分されるのだから […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

ツキノワグマが冬を越す前…に

20201124 「ジビエ」…などと、野生動物の肉を食うことに格好つけた甘くおしゃれな言葉が使われているけれど。 こんなの、日本では昔からの「猟師鍋」である。 山の猟師が獲物のいちばん美味い食べ方をずっとやってきただけの […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

ツキノワグマが柿を食うというけれど…

20201108 「昔はなぁー 熊が柿の木に登ってなぁー 柿を食いに来たでなぁー  夜になると来るから、オラは縁側に座って待ってただぁー  満月の明かりで熊を見定めて、村田銃一発で仕留めたものさぁー  熊の肉は柿の木の持 […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

夜間のツキノワグマは忍者のような行動をする

20201102 (FB公開) 昨日、近所のおばさんとツキノワグマの出没のことで話しをしていた。 オイラの自宅も含め近所数軒は日常的にツキノワグマの出没を警戒しなければならないところに来ているので、しっかり理詰めで説明を […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

no image

ツキノワグマに襲われ大怪我

  20201101 隣のとなり町で、昨夕(2020/10/31)ツキノワグマに女性が襲われて大騒ぎ。 自宅敷地内で、いきなり襲われ顔面複雑骨折。 顔面複雑骨折で顎の骨がやられると「歯」の矯正に大変な手術と時間と費用を要 […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

ツキノワグマの下半身で生息構成がみえてくる

20201027 ツキノワグマの股間を見せてもらうから「マタミール」。 この撮影は、真面目でとても大切なこと。 しかも、高度なロボット撮影技術をもちあわせていないと不可能である。 何故にこのようなことを思いつき実行したか […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

秋の夜長はフクロウ観察のチャンス…

20201026 野生のフクロウを観察するには、いまの時季がチャンス。 夕方から明け方まで闇が濃いから、夜行性で活動的なフクロウを知る最大条件と重なる。 フクロウは声を何種類も使って行動するから、闇夜にはリスニングがもっ […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

野生ニホンリスの股間盗撮カメラ…

リスの「マタミール=股見る」。 こんな写真を撮るのは、オイラだけだろう? キレイで可愛いいリスを撮影するのにアップあっぷの時代はもう終わっていると思う。動物写真は、すでに、とっくに第二ステップに入っている。 「腐らない写 […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

人家近くのツキノワグマ

20201023  長野県塩尻市で老人がツキノワグマに襲われて大怪我をしたというニュースがあった。 「こんな人家にちかいところにツキノワグマが来ているなんて…」というニュースコメントに、一般人もマスコミ人も行政も分かって […]

  カテゴリー:旅・取材・人  タグ:

モモンガ 宮崎学と一緒に「イマドキの野生動物」を観察したり、自然を探偵してみよう!そんなことが好きな仲間が集まるオンラインサロンです。

Copyright©写真家・宮崎学と森の探偵団 「gaku塾」,2021 All Rights Reserved.