写真家 宮崎学 gaku塾

投稿者アーカイブ:小林瞬

森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然

内容(「BOOK」データベースより) オリジナルの撮影システムを駆使し、野生動物たちの素顔を撮り続けてきた写真家が明かす、撮影の秘密と森の歩き方。手掛かりを読み解き、カメラを仕掛け…森の中で撮影された、“決定的瞬間”の数 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

動物たちのビックリ事件簿1 春の野山で大いそがし

動物たちが起こす四季の「事件」に、無人カメラと独自の観察眼で肉薄、人間社会や自然環境にたくみに対応して生きている動物たちの素顔に迫る。第1巻は、山・里・町での子育て・エサ取りなど、春の記録。 対象年齢:小学上級から 36 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

動物たちのビックリ事件簿2 夏の夜のふしぎなできごと

内容(「BOOK」データベースより) 季節は夏。キャンプや登山などで、自然に接する機会も多くなります。そんな夜に、意外な動物が、意外な事件をひきおこしていきます。夜な夜なトイレにやってくるシカ、カメラにイタズラするツキノ […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

動物たちのビックリ事件簿3 実りの秋のごちそうバトル

内容(「BOOK」データベースより) お供えをぬすむサル、おなかを上にしてねむるムササビ、森にトンネルをほるヒミズとそれを利用するネズミたちなど。 対象年齢:小学上級から 36ページ  ISBN-10 : 4540141 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

動物たちのビックリ事件簿4 冬にみつかるおもしろサイン

内容(「BOOK」データベースより) 駅で大群になってねむるカラス、人家のすぐ近くでえさをたべるツキノワグマ、「神さまの使い」オコジョの正体など。 対象年齢:小学上級から 36ページ ISBN-10 : 45401411 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

イマドキの野生動物

トラックが囂々と行き交う高速道脇で平然とクリをかじるクマ、いまやふつうに人里に現れるカモシカ、…増え続け、傍若になる一方のイマドキの野生動物。外来動物という新手の侵出も著しい。いま緊急に必要なのは、増えすぎてしまったこれ […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

フクロウ Handy Edition

「フクロウ」はフィルムカメラによる撮影である。相手の動きを読み、光を読み、その一瞬をフィルムに焼き付ける。その卓越した技術力によって演出されたフ クロウの生き生きした表情は、デジタルカメラの時代になり、撮影の試行錯誤が容 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

となりのツキノワグマ

ツキノワグマと人との境界線が下がり、まさに私たちの「となり」にツキノワグマが息を潜めている現実を、宮崎学の自動撮影カメラは淡々と記録し続ける。そのおびただしい数、子育て中の親子、耳タグをつけた放獣個体。奥山でひっそり暮ら […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

カラスのお宅拝見!

  全国のカラスの巣が100カット。その巣材や掛けた場所から、様々な人間模様が見えてくる。もちろん、巣材や卵の数・色・形の資料としても貴重だが、宮崎学の狙いはあくまでもカラスの目線から見た人間界だ。 カラスの巣 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

ツキノワグマ

騒音や人を恐れない新世代のツキノワグマが、着実にその数を増やしている。なぜツキノワグマは人を襲うようになったのか? 長野県を舞台にツキノワグマの変化を鋭く視つめ続けてきた動物カメラマン・宮崎学が、その謎に迫る。 社会が変 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

柿の木

柿の木は、いったい何を言おうとしているのだろうか? 長野県伊那谷の丘の上に立つ1本の柿の木。その四季折々の懐かしい表情を詩と写真で描く。忙しい現代人が忘れている、大事なものを思い出させてくれる一冊。 柿の木は、いったい何 […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

森の写真動物記8 肉食獣

名ハンターのキツネ、泳ぎ上手なイタチ、じつは獰猛なオコジョなど、日本にいる肉食獣のくらしと役割を、迫力のある写真で見ていきます。 肉食獣とは、おもに動物の肉を食べものにしているほ乳類のこと。日本の森にくらす肉食獣は、キツ […]

  カテゴリー:本と写真集  タグ:

小林瞬 宮崎学と一緒に「イマドキの野生動物」を観察したり、自然を探偵してみよう!そんなことが好きな仲間が集まるオンラインサロンです。

Copyright©写真家・宮崎学と森の探偵団 「gaku塾」,2021 All Rights Reserved.