写真家 宮崎学 gaku塾

ブログ

2009/11/20

Nikon D3s 試用記

高感度カメラとして登場してきた、「Nikon D3s」。 過酷な自然条件下で生活する野生動物の撮影では、このような機材はどうしても必要だと思う。 これまでD3を使ってきたが、D3sとなってさらに感度アップがされた。 そこ […]

2009/10/30

激増中のニホンジカを撮影する

月が大きくなってきた。 こういうときは、夜間撮影のチャンスなのだ。 月の光だけで、野生動物の動きを見ることができるからである。 こうして、ボクはいろんな野生動物の世界を、もう何十年と目撃してきている。 毎月やってくる月の […]

2009/10/22

若輩独身ギツネの新築物件

過疎の村の通いなれた道路を走っていたら、山の斜面に巣穴が見えた。 「っえ! あんな場所に穴なんてなかったぞ」 そう思ったボクは、あの穴はキツネの巣で、最近掘ったものだとすぐに判断できた。 通いなれた道だったので、昔から穴 […]

2009/10/07

野生動物捕獲の最新版装置はコンクリートの三面張り水路

「おーーい gakuさぁー  早く来い、ウリ坊が川に落ちているぞぅー  オレんちまでくれば分かるから、早く来い…」 いつもお忍びで酒を飲んでいる居酒屋の主から、いきなりの携帯電話だった。 急いで現場に行ってみると、主がね […]

2009/09/25

イタチで秋を知る

先月九州へ行った折、田んぼのあぜ道でイタチの糞をみた。 その糞には、野イチゴの種らしきものが入っていた。 だから、てっきり「野イチゴ」を食べていると思ったら、その種は「イヌビワ」のものだった。 所変われば品変わるで、信州 […]

2009/09/20

ツキノワグマは確実に増えている

今日の新聞には、長野県と岐阜県にまたがる乗鞍岳で、ツキノワグマが大暴れして9人に重軽傷を負わせた事故が一面に載っている。 朝日新聞は、一面どまんなか。 読売新聞は、一面の左隅。 信濃毎日新聞は、一面の3/4を割いて、34 […]

2009/07/17

イノシシが怒った!!

北海道から慌ただしく帰ってすぐに、数台の無人撮影ロボットカメラの点検に出かけた。 なんと、一台が派手にひっくり返されているではないか。 イノシシの仕業であった。 イノシシが、カメラ周りの土を小型ブルドーザーよろしく堀りま […]

2009/06/11

獣害を考える 3 「イノシシ」

「春苦く、夏酸っぱく、秋甘く、冬そして脂」 これは、四季を乗り切る哺乳動物が季節を追って摂取しなければならない食べ物だ。 なので、春には山菜などアクの強い食物が美味しいのは、冬に消費しそこなった体の脂をアクが抜いてくれる […]

2009/06/06

獣害を考える 2 「空飛ぶハクビシン」

鉄パイプにグリスを塗られると、ハクビシンは非常に困ったようだ。 3日間、まったく気配が見られなかったが、あるとき飛ぶことを思いついたようだ。 ハクビシンはジャコウネコ科の動物だけに、樹上徘徊はお手の物だしジャンプ力もある […]

2009/05/20

黙して語らない自然界

先日、ボクが仕掛けたライブカメラ用の巣箱でテンが休憩していった。 巣箱は、4年前に、ムササビ用に仕掛けたものだ。 その巣箱に、ムササビが入居して子育てもしたことがある。 そこに、今回はテンが休んでいったのだから、新たな発 […]

2009/02/27

オコジョの肘にはセンサーがある

オコジョが、無人撮影カメラを飛び越えていった。 そのときに、レンズ間際で肘が写された。 その写真をみて、肘に長い毛が生えていることを発見した。 「おや、この毛はたぶんセンサーにちがいない」、ボクはそう思った。 特別長い毛 […]

2009/02/05

春の予感でテン撮り納め

以前から狙っていた倒木がある。 この木をテンが橋のように歩いていくことは、知っていた。 後方の岩が凍り、厳しさがでたところで撮影しようと思っていた。 しかし、暖冬の今年は期待通りの背景にはならなかった。 それでも、一昨日 […]

鳥類 宮崎学と一緒に「イマドキの野生動物」を観察したり、自然を探偵してみよう!そんなことが好きな仲間が集まるオンラインサロンです。

Copyright©写真家・宮崎学と森の探偵団 「gaku塾」,2009 All Rights Reserved.